知内町の観光情報

知内町の歴史(1)~始まりは旧石器時代(プロローグ)

(鷹のイメージ|by:Pixabay)

知内の町名の由来は「チリ・オチ」というアイヌ語の音訳であり、チリ・オチとは「鳥のいるところ」という意味を持つ言葉です。
知内は鷹の産地として有名で品質も良く、その昔、松前藩から徳川幕府に献上されていたそうです。

知内町の歴史は旧石器時代から

さて、知内町の歴史は長く、確認されている人跡は旧石器時代にまで遡ります。
現在、町内では32ヵ所の遺跡が確認されており、内、調査によって詳細まで判っているものが8ヵ所、中でも湯の里遺跡群の[湯の里4遺跡]は旧石器時代から縄文時代晩期までの最も古い遺跡ということで、日本国内でも貴重な資料となっています。

旧石器時代の墓の副葬品(知内町郷土資料館所蔵)
(旧石器時代の墓の副葬品|コハク製の垂飾とカンラン岩製の垂飾と小玉|知内町郷土資料館所蔵)

この[湯の里4遺跡]では縄文時代の層の下から石器が出土しています。細石刃石器群や尖頭器石器群、更には小玉やコハク製の垂飾も発見され、その出土状況からこの遺跡は約1万4千年前の墓、旧石器時代のものだと確認されています。

尚、湯の里4遺跡から出土した垂飾1点と小玉3点については、その石質から大陸産の可能性が高いということで、果たして誰が?どこから?何の目的で持ち込んだ物なのか?大陸との交流の有無、その深浅が気になってしまう程、非常にロマン溢れる調査結果が出ている状況です。また、それらの出土品ついては学術的価値が高いということから1991年(平成3年)6月に国の重要文化財に指定されています。

何と縄文時代の知内人(?)は既に津軽海峡を渡り、本州と交流していた可能性もあるそうです。
想像を遥かに超えた悠久の昔から、本州との文化・経済的交流が行われていたのだとしたら、その最新形が「北海道新幹線」なのかも知れません。

約800年も前に和人が上陸していた?

言い伝えや文献などから調査した結果では、大凡、鎌倉時代から室町時代にかけて、本州から和人が入ってきている例が多くみられるということです。

北海道で最も古い神社である同町の雷公神社、その神社に伝わる北海道最古の古文書「大野土佐日記」などによると、鎌倉時代である1205年(元久2年)船で漂流した末、漂着した者が知内に最初に来た和人であると伝えられています。また同年に甲斐の国(現在の山梨県)は伊原郡の領主、荒木大学が鎌倉幕府の命によって砂金を採取する目的で知内(涌元地区)に入ったとも伝えられており、砂金を採取するために従事した人夫たちによって北海道最古の温泉[知内温泉]が発見されたという逸話も残っています。
取分け歴史が浅いと言われている北海道ではありますが、前述の通り知内で1万4千年前の墓が見つかっていること、鎌倉時代に和人が知内に上陸したこと、もちろん和人上陸の以前からアイヌの方々が住んでいたということなどから、長い歴史の中で多くの営みがあり、命が繋がれて今私たちが生かされているという時の重みを感じます。

 1280px-Hira-ide_Historic_Site_Park_reconstructed_Jomon_period_(3000_BC)_houses(縄文時代の住居イメージ|Author:Qurren|FileName:houses.jpg|by.WikimediaCommons)

縄文時代に津軽海峡を渡るのは正に命懸けであり、非常に危険を伴うものであったことでしょう。
津軽海峡の荒波によって多くの尊い命が失われたということも想像に難くありません。

先鞭者への感謝、そして未来へ・・・

現代に生きる私たちは、青函トンネルが完成し、北海道と本州が鉄路で繋がり、ついには北海道新幹線の開業にまで至ったということを心から感謝すると共に、多くの方々の犠牲の上に北海道の文化が高まり、今があるということを深く受け止め、更なる発展を目指して取り組んでいかなければならないものと考えます。

青函トンネル出口直後の北海道新幹線(青函トンネルを出た直後の北海道新幹線|知内町青函トンネル記念撮影台より)

本州から新幹線に乗ってきた方が最初に見る景色は知内町の大自然、そして田園風景です。

知内町の歴史を知ることで、その景色はより深く味わいのあるものに感じて頂けるのではないでしょうか。

当ブログ[ライズ北海道]では、知内町、木古内町、札幌市を中心とした全道各地の様々な情報を発信しながら、皆様に北海道の魅力をお伝えしていきたいと思います。
(ライズ北海道 編集部)

<出典>
知内町公式HP「新・知内町史」 
知内町公式HP「歴史の町 知内伝説」
遊ぶべ!道南探検隊「金の鶏:知内町」
日本辞典
知内町公式HP「町名の由来」

関連記事

  1. 神々しい静謐さが漂うスピリチュアルスポット「知内公園」~姥杉と荒…
  2. 北海道新幹線の撮影記(道の駅しりうち2F展望室より)動画あり(2…
  3. 知内町の「かき小屋知内番屋」に行ってきました(2)
  4. 神々しい静謐さが漂うスピリチュアルスポット「知内公園」~姥杉と荒…
  5. 絶景!知内町「重内展望台」から望む重内平野と荘厳な「重内神社」
  6. 北海道新幹線の撮影記(知内町青函トンネル記念撮影台より)動画あり…
  7. サブちゃんが故郷で大熱唱!「第32回サマーカーニバル in 知内…
  8. 知内町の「かき小屋知内番屋」に行ってきました(1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

必見!サッポロファクトリーの特大「ジャンボクリスマスツリー♪」

美しく優しい光を放つ札幌の冬の風物詩♪サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー!今年も…

サムライ.カフェ~お洒落で優雅な空間でスープカレーを頂きました♪

「路地裏カリー.サムライ」が贈るNEWスタイルのスープカレー店「Samurai.Cafe」で優雅なひ…

第36回さっぽろホワイトイルミネーション2016開催概要!大通会場の公式イメージもあります♪

さあ!とうとう3日後に迫って参りました♪(本記事は11/15㈫にUP)冬の札幌市を彩る煌びや…

札幌スープカレー店|ネット検索ボリュームランキングトップ10(1)

今や「味噌ラーメン」に匹敵する程の知名度を得た札幌発祥のご当地名物「スープカレー」札幌発祥のご当…

行列に並んでも食べたい!絶品!「ニセコピザ」さっぽろオータムフェスト2016

大賑わいの「さっぽろオータムフェスト2016」も、いよいよ本日を含めて残り6日間となりました。清…

さっぽろオータムフェスト2016!特別会場で厚岸ブランド牡蠣「まるえもん」を実食!

さっぽろオータムフェスト2016も先週金曜の開幕から今日で1週間が経ちました。現在のところ来場者…

さっぽろオータムフェスト2016で話題沸騰!「ジェーンズフライドチキン」を実食!

始まっております!賑わっております!北海道の秋の味覚が一堂に会した食の祭典「さっぽろオータム…

ビールの季節到来!さっぽろ大通ビアガーデン2016開催中!(3)キリン会場より

暑い夏!北海道らしからぬ「じめじめ」とした日が続いている今日この頃。涼やかな水辺でスカッと爽…

北海道お菓子フェア2016絶賛開催中!札幌大通公園2丁目会場より

現在、札幌の大通公園2丁目をメイン会場とした市内6会場にて「北海道お菓子フェア2016」が開催されて…

知内町の「かき小屋知内番屋」に行ってきました(2)

前の記事に引き続き「かき小屋知内番屋」をご紹介致します。 上の画像は、食した方が皆ついつい舌鼓を打ってしまうという程の絶品メニュー「かき飯」です。 先ず見た目の鮮やかな暖色とニラの香りが食欲をそそります。 知内の二大特産品である、かきの風味とニラの香味が一つの御椀の中で絶妙且つ壮大なハーモニーを奏でていて、非常に奥行きと深みのある味わいの一品です。

知内町-取扱商品

登録されている記事はございません。

木古内町-取扱商品

登録されている記事はございません。


人気ブログランキング

新着記事

PAGE TOP