北海道新幹線

北海道新幹線「新函館北斗駅」~周辺および駅舎内部のご紹介~

さて、前章に引き続き「新函館北斗駅」をご紹介します。

2016年5月16日の情報です。

既にお伝えした通り、七飯町方面(大沼方面)から道道96号線を北斗市方面に向けて走り、北斗市に入ってから約2.5km進むと、新函館北斗駅に入るための新駅駅前通り(道道262号線)があります。

「新駅駅前通り」が出来た?

新函館北斗駅入口青看板

上の青看板が見えると直ぐ左折です。

新函館北斗駅正面遠景

見えてきました!

正面に見えるのが「新函館北斗駅」の駅舎です。
尚、この画像を見てお分かり頂ける通り、この日、人影はありませんでした。

駅前にあった外食店はたった1軒のみ!?「畑のレストラン ゆい」

畑のレストランHuis

新駅駅前通り沿いにあるお店は1軒だけでした。

その名も「畑のレストラン ゆい」さん。

カントリー調のお洒落な建物と明るい色調の樹木を調和させたお庭がセンスの良さを感じます。

まだ開発の進んでいない駅前周辺に唯一華を添える存在でした。

営業時間は11:00~17:00(ランチタイム|11:00~15:00、カフェタイム|15:00~17:00)で、平成28年初夏よりディナータイムを始められるそうです。

駅前はレンタカーの店舗ばかりでした・・・

駅前にあった建物は殆どがレンタカー関連の営業所や店舗でした。

新函館北斗駅前の状況

現状、空き地は駐車場として利用されています。

駅の真横にホテル建設中!「ラ・ジェント・ステイ新函館北斗」

新函館北斗駅前ホテル建設中

駅の真横では2017年春のOPENに向けてホテルが建設中でした。
ホテル名は「La’gent Stay(ラ・ジェント・ステイ新函館北斗)」※
市が造成した駅前の第1区画に建設が進められており、ホテルと商業施設(物販や飲食店など)が入る複合施設となる模様で、総事業費は約20億円。
6階建てのビルには、1階に物販や飲食店、2~6階には客室100室のホテルや温浴施設の他、レストランやフィットネス施設が入る計画です。

※最終的なホテル名は「ホテル・ラ・ジェントプラザ函館北斗」

新函館北斗駅横サッカーコート

建設中のホテルの隣にはサッカーコートもありました。
正直、新幹線駅の目の前にサッカーコートがあるというのは驚きでした。

新函館北斗駅前スケートボード場

サッカーコートの向かい側にはスケートボード場もありました。

駅に入ると「北斗の拳」のケンシロウがお出迎え♪

北斗の拳銅像

さて、駅舎内のご紹介です。

正面、南口から駅舎に入ると先ず迎えてくれるのは不朽の名作「北斗の拳」の主人公である「ケンシロウ」の銅像です。
「北斗」繋がりから北斗市の有志が中心となって制作されたもので高さ1.9メートル(台座含む)、重さ約700kg。
尚、銅像の原型製作をされたのもこれまた彫刻作家の「北斗」である清河北斗さん(ということで北斗三烈拳!(笑))

作品名は「明日への秘孔」。
立ちはだかる障壁の要所(いわゆる経絡秘孔)を北斗神拳で突き、消し去る姿をイメージして制作されたそうです。

まだまだ開発が進んでいない新函館北斗駅周辺。
厳しい状況を打破するべくケンシロウが「明日への秘孔」を突き(「うぁちょ~ぅぅ!!」)後押しをしてくれています(笑)

アンテナショップ『ほっ)とマルシェおが~る』には数多の道南土産が勢ぞろい!

北斗市アンテナショップおがーる

南口を入って直ぐ右には、みなみ北海道の特産品を販売している北斗市のアンテナショップ
『「ほっ」とマルシェ おがーる』があります。
因みに「おがーる」とは道南の方言である「おがる」が由来です。
「おがる」=「成長」ということで、道南の特産品が北海道新幹線開業を追い風により広く全国に知れ渡ることによって地域が成長して行こうという意味が込められているそうです。
新函館北斗駅へ訪れた際は、是非「おがーる」にて道南の名産品・特産品の数々をお土産としてご購入頂ければと思います。

正面パネル展示スペース

南口を入って正面(ケンシロウの隣)にはパネル展示スペースが設けられていました。

尚、ご覧の様に内装にはレンガがふんだんに使われています。
北斗市中心部から知内・木古内方面に向かって7~8kmほど走ると高速道路の「北斗茂辺地IC」があります。
この茂辺地地区からは良質の粘土が取れたため、明治初期頃、同地に北海道で最初のレンガ製造所が建てられました。
新函館北斗駅舎の建築に際しては北海道の開拓に貢献した当時のレンガを再現し、象徴的なものとして使われているということです。

降車後もしくは乗車までの時間、是非こちらにお立ち寄り頂き、北海道に関する情報や歴史等をご覧頂ければと思います。

改札は2階です

新函館北斗駅エスカレーター

改札は2階となっております。
1階を一通り廻った我々はエスカレーターで2階へと上がりました。

デザインが優れた駅舎内部

新函館北斗駅屋内6 (3)

2階のコンコースです。

この駅舎建設にあたっては北斗市側より地元材の活用や周辺の自然景観との調和が要望されたということで、先ず天井には地元材である「道南杉」が使用され、温もりを感じる特徴的なデザインに仕上げられていました。

また、画像左側に見える特徴的な形状の白い柱は北斗市の名所である「トラピスト修道院」のポプラ並木をイメージしたもので、構造的に重要なものであると共に駅舎の象徴として据えられています。

機能的でありながらもデザインに拘り、見事なアート空間を演出した駅舎内。
その数々の拘りから北斗市、JR北海道を含め、関係者全ての北海道新幹線に掛ける熱い想いが伝わってきます。

話題の駅弁ショップ「BENTO CAFE 41°GARDEN」見参!(店内で食事も可能!)

海鮮弁当BENTOCAFE41°GARDEN正面

エスカレータで2階へ登ると正面には話題の駅弁ショップ「BENTO CAFE 41°GARDEN」があります。

店舗の総面積は約80平方メートル、総事業費は3,500万円。
店名の読みは「ベントーカフェ ヨンイチガーデン」で「41°」は北斗市が北緯41度に位置することからつけられました。
青森県八戸市で駅弁の製造販売をされている「吉田屋」さんが出店された新業態の店舗となっております。
吉田屋さんの歴史は古く創業は明治25年、東北本線開通の翌年に八戸駅にて駅弁の販売を始め、以来120年を越える歴史を持つという老舗です。

しかし、なぜ地元企業ではなく青森の企業が?という方もいらっしゃるでしょう。
実はこの吉田屋さん、創業者の吉田亀五郎さんが北斗市(旧大野町)のご出身ということ。

店名は北斗市の緯度から名付けた。吉田社長は「函館と青森の食の架け橋となって、創業者出身の地である北緯41度のエリアににぎわいを創出し、地域活性化に貢献したい」としている。([函館新聞]より)

BENTO CAFE 41°GARDENの運営を通し、地域へ貢献をしたいとの想いで出店された吉田屋さん。
吉田屋さんへの感謝と共に、我々道民も負けてはいられないという想いを持ちました。

海鮮弁当BENTOCAFE41°GARDEN集合写真3

ショーケースの中には道産食材を使った煌びやかで色とりどりのお弁当がずらりと並べられていました(画像上部、画像下部左)。
同店の一番の売り「カフェ弁」はこの中から2つもしくは3つをチョイスするというシステムなのですが、どれもこれも垂涎ものでして容易に2つか3つに絞り込めるなどというものではありません(笑)

また、通常の駅弁(画像下部中央)や土産物、スイーツ(画像下部右)も販売されておりました。

購入したものを持って道南観光に向かうも良し、乗り換え車両の中で食するも良し、店内でカフェるのも良し、ニュースタイルの「お弁当」をそれぞれの形で是非お楽しみ下さい。

北海道に新時代到来!

新函館北斗駅屋内4 (2)

改札を抜けると広々として気持ちの良い空間が広がっていました。

開放的な空間、新しい建物が放つ清々しい香りを感じながら、北海道にも新たな時代が到来したものだなと感極まる自分がいました。

北斗市新幹線マンホール1 (2)

北海道の未来をつくる北海道新幹線。

新たな時代の幕開け。

より北海道が昂り、興隆するイメージを思い描きながら、引き続き有用な情報をしっかりと発信して参りたいと思います。

構内図・地図

新函館北斗駅南口構内図

 

駅隣接の「ホテル・ラ・ジェントプラザ函館北斗」開業日決定!

加筆です!(2016年12月14日)
最新情報が入りましたのでお伝えします。

新函館北斗駅に隣接する宿泊施設「ホテル・ラ・ジェントプラザ函館北斗」は

2017年3月17日㈮にオープン致します!

ホテルが入るのは複合商業施設(延べ6,300平方m)の2~6階部分。フロントは2階に設けられ、同階には大浴場(北斗市の温泉を使用)やレストラン(道産食材を使った料理を提供)も整備されるそうです。
部屋数は107室、ツインが中心ということなので、相当数の収容が見込まれます。

尚、この複合商業施設の1階部分は北斗市が買取り、市の「観光交流センター別館」として利用される模様です。飲食や物販のテナントが入るということなので、観光客を中心に大いに賑わいを見せることでしょう。

他、この記事『北海道新幹線「新函館北斗駅」~周辺および駅舎内部のご紹介~』を書いた7月22日の時点では、ホテル名は「ラ・ジェントステイ新函館北斗」と計画されていましたが、最終的には前述の通り「ホテル・ラ・ジェントプラザ函館北斗」に決まったようです。

くれぐれもお間違え無き様よろしくお願い致します。

追記でした。

関連記事

  1. 北海道新幹線の駅「新函館北斗駅」のご紹介 ~駅名は「渡南函館駅」…
  2. 北海道新幹線の撮影記(道の駅しりうち2F展望室より)動画あり(2…
  3. 北海道新幹線の撮影記(知内町青函トンネル記念撮影台より)動画あり…
  4. ライズ北海道について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

必見!サッポロファクトリーの特大「ジャンボクリスマスツリー♪」

美しく優しい光を放つ札幌の冬の風物詩♪サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー!今年も…

サムライ.カフェ~お洒落で優雅な空間でスープカレーを頂きました♪

「路地裏カリー.サムライ」が贈るNEWスタイルのスープカレー店「Samurai.Cafe」で優雅なひ…

第36回さっぽろホワイトイルミネーション2016開催概要!大通会場の公式イメージもあります♪

さあ!とうとう3日後に迫って参りました♪(本記事は11/15㈫にUP)冬の札幌市を彩る煌びや…

札幌スープカレー店|ネット検索ボリュームランキングトップ10(1)

今や「味噌ラーメン」に匹敵する程の知名度を得た札幌発祥のご当地名物「スープカレー」札幌発祥のご当…

行列に並んでも食べたい!絶品!「ニセコピザ」さっぽろオータムフェスト2016

大賑わいの「さっぽろオータムフェスト2016」も、いよいよ本日を含めて残り6日間となりました。清…

さっぽろオータムフェスト2016!特別会場で厚岸ブランド牡蠣「まるえもん」を実食!

さっぽろオータムフェスト2016も先週金曜の開幕から今日で1週間が経ちました。現在のところ来場者…

さっぽろオータムフェスト2016で話題沸騰!「ジェーンズフライドチキン」を実食!

始まっております!賑わっております!北海道の秋の味覚が一堂に会した食の祭典「さっぽろオータム…

ビールの季節到来!さっぽろ大通ビアガーデン2016開催中!(3)キリン会場より

暑い夏!北海道らしからぬ「じめじめ」とした日が続いている今日この頃。涼やかな水辺でスカッと爽…

北海道お菓子フェア2016絶賛開催中!札幌大通公園2丁目会場より

現在、札幌の大通公園2丁目をメイン会場とした市内6会場にて「北海道お菓子フェア2016」が開催されて…

知内町の「かき小屋知内番屋」に行ってきました(2)

前の記事に引き続き「かき小屋知内番屋」をご紹介致します。 上の画像は、食した方が皆ついつい舌鼓を打ってしまうという程の絶品メニュー「かき飯」です。 先ず見た目の鮮やかな暖色とニラの香りが食欲をそそります。 知内の二大特産品である、かきの風味とニラの香味が一つの御椀の中で絶妙且つ壮大なハーモニーを奏でていて、非常に奥行きと深みのある味わいの一品です。

知内町-取扱商品

登録されている記事はございません。

木古内町-取扱商品

登録されている記事はございません。


人気ブログランキング

新着記事

PAGE TOP